水廻りのリフォームで気をつけたいこと

水廻りのリフォームで気をつけたいこと

リフォーム見積り

リフォームの見積りをとる流れ

見積りというのは、希望するリフォームの費用はいくらかかるのか計算してもらうものです。
取ってもらうには、家に来てもらって家の状態を調べてもらう現地調査をしてもらいましょう。
現地調査のあとに、自分の希望するリフォームの内容を伝えどのようにリフォームしたいのかをリフォーム会社に相談します。
そうすると、リフォーム会社は適切なプランを考えて見積りをだすというのが流れになります。
見積りは、数社に依頼して比べてみることも必要です。
そこで、各社が提示してきた見積の金額だけを比較するのではなく、予算内でどんなリフォームができるのかをしっかり確認して決めていきましょう。
設計図をみればどんなリフォームになるかは確認できますし、材料や仕上げについても見積りから読み取れます。
しかし、初めてのリフォームでよくわからないという場合は、その点もリフォーム会社に質問しながら納得のいくリフォームをすすめていきましょう。

見積りの注意点

リフォーム工事でとる見積りには、3種類の内容が含まれています。
それは見積り明細・設計図・仕上げ表です。
どれも大切な内容です。
見積りの中に、工事一式として金額が並んでいた場合は注意が必要です。
各工事ごとに、材料費やそれぞれの単価、そして合計まで記載されたものかしっかり確認しましょう。
この見積りの内容に不備がある場合は、このリフォーム会社は信頼できるのだろうかと考える目安にもなります。
万が一、予算を超えてしまった場合はコストの調整が必要ですが、その場合はリフォーム会社に相談しながらすすめていきましょう。
とはいえ、コスト調整よりも最優先はリフォーム内容を重視して考えていきましょう。
また、リフォーム会社との打ち合わせで追加したり変更したりしたことは、後々のトラブルを防ぐ為にも必ず書面で残しておくことが必要です。