水廻りのリフォームで気をつけたいこと

水廻りのリフォームで気をつけたいこと

リフォームの対象として多い水廻り

リフォーム場所で違ってくる費用

リフォーム費用は、やりたい場所で金額は違ってきます。
例えば、キッチンのリフォームで予算50万から100万だった場合はシステムキッチンへの交換ができます。
ただ、アイランド型にしたいとかオール電化にしたいとなると100万から200万は必要になります。
バスルームの場合、ユニットバスごと新しくしたいという場合は100万前後必要です。
浴槽だけ交換すればいいという場合は50万以下でできるでしょう。

リフォームの費用は、材料費と工事費になります。
しかし、サイトによっては材料費しか載ってない場合もありますので注意が必要です。
リフォーム会社を決める前に、何社かに材料費・工事費の総額で見積もりをとってもらって検討するようにしましょう。

費用削減はできるか

リフォームで費用を削減するポイントは、関連する工事をまとめて行うことです。
特に、水廻りのリフォームの場合、まとめてリフォームすることをおすすめします。
水廻りのリフォームで、各会社がそれぞれの場所をバラバラに工事するよりも、関連している工事を全てまとめてしまってリフォームするということです。
リフォームは、リフォームするボリュームが大きいほど費用が下がりやすいのは一般的です。
やはりその中で、水廻りは関連性のある場所が多く、例えば、バスルームと洗面所と給湯器というのは関連していますので、同時にリフォームしていきましょう。
なので、プロに相談して、見積りを出してもらったり支援制度なども利用してみるのもいいでしょう。