水廻りのリフォームで気をつけたいこと

水廻りのリフォームで気をつけたいこと

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

リフォームの対象として多い水廻り

水廻りのリフォーム費用はいくらぐらいかかるのか気になります。 相場を知りたいと、ネットで調べてその情報を鵜呑みにしてはいけません。 改装工事には定価がないのです。 なので、それぞれのリフォーム会社によって費用は大きく変わってくるというのが現状です。

リフォーム見積り

初めてのリフォームは、わからないことだらけです。 リフォーム会社を何件か決めて、まずは見積りをとってもらうということは、わかっていてもどんなふうにとったらいいのか不安です。 なので、見積りはどのように取ってもらうか、注意点はあるのか説明してみましょう。

水廻りのリフォームはどこからやるか

水廻りのリフォームは多岐に渡るため、予算を超えてしまったという場合も少なくありません。 そこで、予算を超えてしまったときどこを優先してリフォームしていったらいいのか、予算内で満足いくリフォームにするにはまずは使い勝手の良さを考えて優先していきましょう。

費用はいくらぐらい

普段の使用頻度が高い水廻りは、築年数がたつとやはり劣化や老朽化は進みます。
お風呂・キッチン・トイレなどのリフォームするタイミングや注意点を紹介しましょう。
リフォームを考える目安としては、お風呂のタイルがひび割れたり、繋ぎ目のコーキングが切れたり、キッチンで異臭がするようになったらリフォームを考えてみましょう。
リフォームを考えるとはいえ、水廻りは設備の機器も多いし、グレードもありますので、費用もしっかり確認しなければいけません。
水廻りのリフォームは、一般的に15年から25年がタイミングとなってます。
各ご家庭の劣化の進み具合にもよりますが、お風呂の場合、築15年から20年くらいで下地材や土台が腐食したり、またひび割れを放置したことで水を吸い込んで内部で腐食しているときもあります。
気がつかずにリフォームをしないでいた場合、構造そのものに腐食がすすみ費用が高くなることがあるので注意しましょう。
また、劣化だけではなく、築15年をすぎた頃には、お風呂場でカビが目立ってきたりしはじめます。
快適に利用できなくなってきたと感じたときがリフォームするタイミングとみていいでしょう。

水廻りのリフォームは、それぞれの場所をバラバラにリフォームするよりもまとめてリフォームしたほうがコストはお得です。
一般的にリフォームする場所が大きくなるほどコスト面の調整がしやすいのが現状です。
例えば、お風呂場と洗面所と給湯器は関連性があるので同時にリフォームするような感じがいいでしょう。